TOP

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が大事です。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。会社の大部分は履歴書や職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2点をしっかり作成しておきましょう。ただ文字を書くだけにとどまらず、記載内容が充実していることも大事です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく記載しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように利用することも転職を成功させるための有効な方法です。

とある古物商にて、書類選考をパスし、面接の日時について担当者から連絡をもらい…

とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。その後先方から、面接日時を教えてもらいました。当日、時間通りに行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始終非常にだるそうな対応の状態のままなんとか面接は終わりました。だが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着でそんなわけで再度連絡をした結果、どういうことなのか、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切られてしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、不採用で良かったと感じています。

退職|転職を予定しているのなら現在勤めている会社を辞める時に…

転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしもあなたの都合で退職願を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のときは失業保険が即座にはでません。手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果としてハローワークの職員と口論になっているのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業が認定されればすぐさま失業保険を受け取ることができます。

再就職する場合の面接でかなり高い確率で尋ねられる・・

再就職をする時に面接で行くと必ずと言っていいほど聞かれるのは以前勤務していたところを退職した原因についてですが、このような質問に答える場合には前職を話の中心にしないほうが賢明です。退職するに至った経緯が話題の中心になってしまうとどうしてもマイナス要素を含んだ話題になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ以前働いていた会社を辞めたのかという事をこちらの会社に絶対に入社したいと思っていたからという話にすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に焦点をもっていくべきなのです。行きたい会社の話だとマイナスではなく良い印象を与えることができる辞職の理由に聞こえます。

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人…

転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほしい箇所が複数あります。まずはじめに派遣に関しては、データの入力、その他雑用等をなどの業務を思った方が多いはずです。はじめは私自身も現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「業務は電話対応になります」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、仕事に就くと、「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。とりあえず、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。でも、仕事をしながら求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに消耗が激しいといえます。現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、そして現在、…

これまで20代前半に転職を数回経験して、現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時に資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。そのような方たちをうらやましいなと感じたりもします。これまでは、うまくいってる人と自分と比べて、落ち込むこともありました。現在では結婚を経験し、私の生活自体が大きく変わり、明確な目標ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。

転職する場合、転職先での自分の給与について気にする人が…

転職しようと考えたとき、転職先での自分の給与ばかりを気にする人は、けっこういるようです。大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るために仕事すると思います。だから年収の額は自分の社会的な価値を知る値という側面もあるから、当然大切なものとして扱うのは当然ともいえます。ですが、必要以上に年収額ばかりを執着しすぎる人生というのも悲しい気がしませんか?この世には年収がさほど期待できない仕事であったとしてもやりがいを感じられることがゼロではないからです。

こういう転職というのは兄の友人から聞いた話です。

友人の話です。就職活動を始めて学生時の就職活動で死んでも入社したかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、その後仕方なく別の会社に就職しました。そのあと約1年半過ぎた後派遣の求人サイトを閲覧する中でたまたまA社の紹介予定派遣の求人を発見して、いてもたってもいられずその時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣の就業を開始、必死のパッチで頑張ってそれから先予定通りにA社で正社員として仕事をすることができ、今となっては仕事のやりがいを感じつついきいき働いています。

派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法の関連…

派遣として勤務しています。労働契約法により残念ですが長期間務めていた派遣先の会社での仕事があと数か月で終わります。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から正規社員のポストを得た方もいるのですが抜擢された理由としては正直仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらいが上手な人でそれで採用されたとしか思えません。仕事のスキルより上司に媚びる能力の方が重要なのかなーと別の派遣のメンバーと派遣先の会社で愚痴る毎日です。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧