TOP

大規模な転職エージェントは、たくさんの案件を持って…

大規模な転職エージェントほど、多くの案件があるという長所がありますが、他方、転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。それゆえ気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してくれないこともザラですし、企業から見てあなたよりも評価の高いライバルがいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。つまり大規模なエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いなかなか難しいので、考えを変更して中小規模のエージェントたちに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか話しをすると転職希望者の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接の際、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職に追いやられる事態になるおそれもあるので注意が必要です。

再就職の際に絶対に用意する履歴書や職務経歴書などにおいては・・

転職の時に絶対に書かなければいけない履歴書などにおいては、大方、手書きではなく、パソコンを用いて作るのが主流となっています。今の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンではなくペンを使って作るというのが普通だと考えられていることもよくありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、転職の場合は絶対にパソコンで書いたものは駄目とまでは言うことはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く買うケースもあるようですが、そうじゃない会社がだんだん多くなってきているので、パソコンを用いて作成したものでもよろしいケースはけっこうあるのです。

転職をするとき、まず第一にハローワークの求人票を見たりし…

転職活動の際は、最初に、ハローワークの求人票を閲覧したりして興味のある会社を調べるはずです。当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントが付くことが多いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。その類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。美辞麗句を信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったとあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は文句をつけて、いかにして辞めさせないようにするか画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの会社が掲載されているた・・

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、案件が多いため、2~3社あまりをとりあえずは転職サイトに登録して、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと転職に関する情報収集が簡単になります。初めに限っては登録するのにとても労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めにしっかり準備することを心がけてください。

転職することが、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

もし転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知るとその状況が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。上記トラブルを避けるために、今現在の仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い関係を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を去れます。加えて、円満退職に至れば、退職後であっても、困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりが重視されるので、退職前のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

派遣で働いています。サイト内で自分にぴったりの仕事を…

このところ私は派遣の会社に入っています。インターネットサイトでなんとなく自分にぴったりの仕事を見つけ出して尋ねてみると「そのお仕事はもうすでに別の方の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にサイト内から仕事情報がなくなるのですが、なぜか次の日になるとまた載っています。それって要するに私ではダメだっていう意味ですよね。そういうことならばカドが立たない程度ではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとももしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?

最初に転職を行うとき、頭に入れておかなければいけない…

初めて転職をするのであれば、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかについて明確化しておくことだと断言できます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。その後問題を改善できそうな会社を選ぶことになります。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら就職活動を行っていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。理由がはっきりとわからないまま転職活動を行った場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがなければ、転職活動を本格的に始めることはしないほうが良いでしょう。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧