TOP

転職活動をする際の最後の難関として、今勤務している企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後の難関として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社から採用の内定を得ても、現在勤務している企業が、あなたを離したくないと慰留するというのもありがちなケースです。そうなった場合、障害を乗り越えて退職する、という強い気持ちを維持することが大切でしょう。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を記入しておきます。その後、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動のひとつです。

今と違った企業の社員になりたいと転職をする活動をして・・

違った企業がいいと転職活動をするとき、「できるだけはやく、内定を手に入れたい」と思っているはずです。が、その気持ちが強くて良い知らせを得たいあまり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは反対に自分を過小評価にしかならない行動をするのは出来るだけ止めておきましょう。そうではなくて、焦る感情に抑え、冷静に客観的に考えながら自分にピッタリな職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く見極めていきましょう。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職することになりました。

新卒採用で入社した会社を辞め、悩んだ結果、転職しました。会社を辞めて転職活動するときは、かなり悩み、不安な気持ちになりました。新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人が大多数だと自身の転職を通じて理解し、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。また転職をすると徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が充実したものになりました。なかには「一通り経験してから」といったような転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の人生においては転職を決断して良かったと思います。

転職を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。

転職活動にあたって然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、「ファッション」を気になっている人も多いと思います。けれども、最近の企業面接に関しては私服が多い企業があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて赴く必要がないケースもあります。創業したての新規の会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に良い印象をあたえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。また、私服だと面接時に、ファッションの話もしやすくなりますから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、転職活動は会社の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」・・

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、連絡が来やすくなります。彼らは、特許出願を行った人以外にも、「研究開発」の論文を出した人、テレビで紹介された人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと考えられる誘いを受けたときには、そのような心当たりを考えましょう。そんなにはないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する会社もありますが、そういったものはほとんどは嘘なので、引っかからないようにしましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

現実に失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」しているという証明が必要となります。

失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。だとしても、「会社に行かなくて良いし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが本音でしょう。本気で就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのは言うまでもなく必要ですが、求人票を見ることは最低限必要です。本音では探したくないときは、閲覧だけしてハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら今回はありませんでした」と告げて次に期待しましょう。

クールビズ(軽装)で再就職の面接に行くときには、ジャケットはさすが・・

クールビズ(軽装)で再就職の面接を受けに行く場合、いくらなんでジャケットまでは羽織って出向くことはないと言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用しているほうがイメージが悪くなりません。タイもする必要ないと考えている会社も存在する可能性はあるにはあります。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズだろうと着用しなければならないと思っている企業が一定数あります。したがって、クールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイだけは必ず着用して面接した方が安心だということは知っておいてほしいです。

失業した人に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されません…

失業した人に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り大急ぎで就職先を見つけようとしてもよい会社を見つけるのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといったことくらいはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接時に何をしていたか質問されることになり、返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。

転職時の面接の際に人事担当から「転職理由をお聞かせください・・

転職時の面接では人事担当から「転職理由は?」という風に、高確率で質問されます。その場合、どれだけ正論だと思っても、前の仕事場での労働環境や人づきあいが良くなかった内容などは、可能な限り口にするのは避けましょう。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいます。ですから面接時には前向きな発言が肝要で、まずは「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、会社の成長をサポートできればと思っています。」此の様な言い回しが良い印象を持ってもらえるのです。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧