TOP

昔は看護婦と言った看護師という職業は、女性比率がたいへん高…

昔は看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的にも女性の割合がとても大きい職種です。厳しいことに気力だけでなく体力のひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場環境での人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に困っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であるため、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

転職するための期間中は、ついつい時間に余裕がある分…

転職期間中は、つい気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。だとしても、そうした生活をするのはお勧めできません。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「心」にも問題が出てくるからです。やがて、働く意欲を失い、経済的に困る状況にも・・・。そうなってしまうと、生活も仕事も悪循環になり転職をしたい会社が決められません。転職先が決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。もらえるお金を一番に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活をしていく上で、だれた生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと思っている…

生涯初の失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険の給付を受け取るためには、仕事探しを続けていることが必要で、その上に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。毎月担当者に就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。他方、真面目に就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、有無を言わさずに給付してもらえなかったり、場合によってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう注意が必要です。

将来的に、労働力という観点において着々と考えなくてもできる作業は…

私たちの労働環境は、将来的に着々と単純労働は機械に交代させられていきそして、そういう仕事をするマンパワーはどう考えても減らされてしまいます。というのは、思考を必要としない労働は人より機械のほうが圧倒的に能力が高いからです。数を数えたり同一の作業を延々と繰り返すことは、機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句を言わず、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、早いし均一化できるのも魅力です。さらには、報酬が発生しないのも違いですね。ですから、生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。機械に移行していくのも無理はありません。

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合えば・・

楽しみを見出しながら転職活動をすることができたら、メンタルへの負担を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられます。また精神的な部分が良好であれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。そうするには、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい職場に飛び込むことが大事です。現在の会社を退職せずに次の勤め先を見つけるのがもっとも良いです。それに、隙間をなくせば退職後もすぐに働けます。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

そのうち転職を希望しているのなら、今いる業務や業務の何に不満を感じているの…

これから転職活動しようと考えるのなら、現在の業務や業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと今の仕事の不満なことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことが容易になるはずです。

転職をするにあたって、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒・・

転職先を決めるのに、むろん仕事のやりがいアップも重要だけどそれだけでなく収入が上がることも大切なポイントになるから「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。同じ会社でしかも同じ職種、社歴なのに人によってすごく違いがある場合も多く、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰なのか察しがつくのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧