TOP

新しく就いた仕事で今までに培われてきた実力を活用できれば、…

新たな職場にて今までの能力を活用できれば、即戦力として周囲から扱われ、割と早く職場にも馴染めるはずです。また雇用した側としてもそのような能力がある人材は常に必要なので、時期さえ良ければ、そんなに難しいことではありません。それに加えて過去の仕事と似ている仕事なら見込みはおおいにあります。かと言って、なかなかの能力があるといっても大手企業の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なくかなりの競争率であることは間違いないでしょう。

退職と転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そんな、時に転職とは違う行動をすることも精神面は強化できます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。外国は、日本とは異なった様々な文化があり、刺激が山ほどあります。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。日本に帰ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職間もないあいだは、精神面がダメージを受けやすいので今後のために休業期間も必要です。

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰に処する傾向にありますが、完璧とは言い難いというのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。まずは求人票等に書かれている労働条件を確認し、それぞれの項目についていろいろと質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」については、詳細について聞くと、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも食い下がっていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこで相手がウソをついていると確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

求人広告には、とうぜん多くの会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。

求人についての広告には、大部分の場合はたいていの株式会社では月収等が記載されています。この部分をチェックする際は、注意して確認する事が必要です。その数字だけ見て判断しないようにしましょう。というのは会社によっては、月収の額のなかに月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。それは残業代の金額をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。また、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。ですから、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

先週転職先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

この前新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当者の雰囲気が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、私が伝えたいことの50%もわかっていない模様。それなのに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが必要です」とか、経験豊富なベテランのように偉そうにのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセラーはそれなりには能力のある人にしてほしいものです。

転職活動をしているなら、気になる求人(もしくは業種)…

将来転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業種)があったら、きちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントの言葉からはその業界に関するマイナス部分について知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を活用することですぐに実態を知ることができます。そういった面を知らずに入社すると、後々にしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、人が定着してくれない」といったケースも多くあります。目に留まった業種や案件に関しては、きちんとチェックした上で応募しましょう。

転職するとだいたいの場合はそれまでの会社の仕事のたいていの出来事は美化されます。

転職したケースでは、高確率で以前の会社の仕事の多くの出来事は美化されます。そもそも今の仕事内容が向いていないと感じたから、それをクリアするためにやっと再就職したはずなのに、いつしか不思議と新しい会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。それというのも極めて当然のことで、前の職場では仕事に慣れていて、さほど苦労なく与えられた業務もたやすくできていたから、もっとも根底にあるでしょう。その一方、「やっぱり退職などするべきでなかった」と心底後悔するほど、前職の方が人間関係や全体的な雰囲気が良い場合もあります。

今までの求人誌に雇用主が必要とする「性別」について…

今までの求人誌に雇用側が求める人材の「性別」が記載されているのがほとんどでした。ところが今では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、雇用において、男女差別がしてはいけないルールとなり、応募条件のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。ですから、本当は男性が必要なのに、女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が応募してくる、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておく確実でしょう。

退職|安定した生活を願い正規の雇用社員になりたいと考えている…

安定した暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員になろうとしている人は相当数います。だが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、正社員としての転職活動そのものが現実化しない可能性もあります。契約社員の求人は結構あるのに正社員の求人募集以外はそっちのけで応募しない人も少なくないでしょう。万一あなたが転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、準社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。正社員を募集していない企業であっても、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で契約社員から正社員にステップアップを狙える可能性もあるからです。採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを聞いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。

退職|転職の面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。社内の会議室や応接室が空きがないということで外のある場所で面接官と待ち合わせて面接を行って、その場で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと下りる駅が私と同じだったのです。そのため電車の中においても面接担当者とずっと話しながらいっしょに帰ることになって、その結果緊張がなくなって面接よりお話が弾み、それが功を奏したからなのか無事に採用を勝ち取りました。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧