TOP

以前は、新たな仕事を探す時は私はハローワーク派でした。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、特性上、都心の求人情報しか掲載していないからです。そのため、求人を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をする企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている人が多いとは思います。有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、そろそろ転職について不安がある方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。人気の転職サイトみたいに大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職時、比較的重要視されるのが「面接」になります。

転職活動では、比較的重要視されるのが「面接」というものです。通常の面接では面接担当者が応募者に対し、転職に至った動機や仕事の意気込みなどいろいろな質問が飛んできますが、さらに、面接の終了間際に今度は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官側が、「なにか弊社で働くことについて、聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人は急なことなので戸惑う事もありまよすね。こんな場面に備えて、面接の前に面接担当者からの問いに対する、答えを考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

再就職をする際に注視する募集事項については、参考程度に、アバウ…

仕事を探している際にチェックすることになる募集事項に関しては、一般的なものとして記載されている、という事も少なくありません。なので、記載されている情報はすべて正確なことだとは信頼しない方が最善だと思います。中でもとりわけ報酬の金額などに関しては、一般的な値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?というような見極めができない場合が多く、自分の判断で考えてしまうと、後悔することになることになりかねません。ですから、募集内容は参考程度に考えて、そういったような情報は会社側に直接確かめてみた方が良いでしょう。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールが頻繁に掛かってきます。初めて利用した人はとてもびっくりすることが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが業務ですので、非常に積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金が入る仕組みなため、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。加えて、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように注意することが大切です。

近頃、株・不動産投資などの不労所得や個人事業、起業等…

現在では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは自営業・起業といった生き方も増えています。そういった社会的背景もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長期にはどうなるかわからない株式投資や自営業よりも組織の一員として働くほうが大いに安定性にすぐれ、人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていた。しかし、そのような時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

再就職して勤め先を新しく替えるということは、自分自身に・・

転職して職場を一新するということは、自身に見合った理想に近い場所に再就職したいものです。職種を変えることで、天職に出会う可能性もあります。けれども、苦しいことも少なからずあって、転職先にふさわしい能力が必要です。違う言い方をすると、あなたの力量次第で、「天職」に出会える可能性も広がる、ということです。今の社会は、職業選択の自由が社会通念上として認められているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれる不安もありません。終身雇用制度が死語となりつつある昨今、「役に立つ人材が欲しい」と願う企業も増えているため、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫です・・

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで良いとと連絡が来るケースもあります。ですが、クールビズの格好で面接するのは失礼なのでは?と考える人がいます。そういう悩みを感じている方々に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接については伝達事項を実行したほうが正しいです。迷うことによって、汗をかく時期にしっかりとスーツを着用すると暑苦しいと思われます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」といった具合に・・

転職をする場合、「Uターン」「Jターン」において大都会から地方に移り住んで、再就職したいと考える人も多いです。最近では転職サイトを見れば、地方の求人も簡単にアクセスできます。ただ残念なことに、地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。そのため、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもこまめにチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧