TOP

就職活動する際に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高め・・

転職するため仕事探しをするときに特に注意すべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間とか45時間という風に求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を入れて計算しておく、といった仕組みになります。(注・違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代45時間込』という記載は「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」というワケです。でも、悪質な求人情報ではこの『みなし』という言葉自体が場合もありますので注意をしておきましょう。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

社会的な転職事情ですが、今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間においても次の世代の変化が巻き起こりつつあります。そういった変化を受け、企業サイドでも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。将来、「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

新しい仕事を探すとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使うケースもありますが、もしもその種のエージェントに登録し、幸運にも職を得ることができたとしても、失業保険を受け取ることはできません。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても給付を受けられないので注意すべきです。一方、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職したときは、就業のための準備費用として「一時金」を受け取ることができます。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険とは何の関係もありません。これについて押さえておかなければ、失業中に給付金を手に入られないので、そうならないように気を付けましょう。

私はかつていくつかの人材紹介会社に登録していのだ・・

自分が転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーの質においても驚くほどまちまちで大体の場合、満足できない感じる担当者ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと真摯に向き合ってほしいという欲が高まってきてそのことが契機となってキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格取得のためには経済的な負担にもなりました。それに加えて勉強の面に関してもとてもハードなわけですが、求職中の人からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。そうとはいえ、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、並行して転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、そこに足を運べば多くの企業に関する情報を得ることができ、それに加え、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに行く際には、面接を受けに行く心構えで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。幸運にもフェアの中で、企業から興味を持ってもらえたら、後日面接に進む際にかなり有利なはずです。

働くのに派遣会社に登録する人が規制緩和の後、多くなっていますが・・

派遣会社を介して仕事をする人が規制緩和以来、増えてきていますが、派遣先が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを面接の際に質問しておくべきです。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い場合は、3割しか支払われていなかった場合も珍しくありません。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できるなら別の派遣業者を利用されることをオススメします。

サイトマップ
過去記事一覧

サイトマップ
過去記事一覧